玉砕の中の兆し

1件目アポ

ツイッターで35人目セックス

デブのLJK(18)で、大外れでした

しかも超バカ高校で不良で、同じ高校や数歳上の先輩などセフレが3人いたり、地元で夜中うろついて警察に何度も補導されたりなど、チャラいビッチな女でした

2件目アポ

元々「セックスそんなにしたくない」というLJKでしたが、会ってみたら制服姿で登場されて、仕方なくお茶をして話しをすると、LJKではないセックスできないJKで、終了しました

ここ最近は、固定のセフレもいないに等しいし、新規セックスもデブばかりでハズレの連続で、ドタキャンやすっぽかしもあり、低迷しています

狙い通りの女の子とのセックスは、年明け早々の単発セックスの女子大生だけです

しかしこれでいいのです

「デブでハズレでダメじゃないか」

「会ってセックスできなかったのだからもっとダメじゃないか」

「ツイッターではそんな女としか会えないのか」

「じゃあツイッターなど買うもんか」

「俺はツイッター買ったばっかりだが、このブログを読んで買って損をした」

と思うかもしれませんが、マニュアルに反した実践をして、大物を狙っているので、そういった副作用があるのは当然ですし、玉砕の中に引き寄せの法則的な兆しがあるのです

2件目のJKはダメでしたが、1件目のデブLJKは、メイクはしっかりしていて、服もオシャレで、顔もデブではあるものの顔自体は可愛いく、ブスではないです

つまり、2件目はデブだけを除けば、狙い通りなのです

恐らく、アファメーションや紙に書くなどの引き寄せの法則を実践していなかったら

「やっぱり外見レベルの高い女の子のセフレをゲットなど無理なんだ」

「写メ送ったら音信不通になるし、大量にブロックされるし、自分はイケメンではないから、釣り合うわけがない」

「諦めて、ごく普通レベルの女の子狙いに切り替えようか」

と思ってしまうでしょう

これで確定しているセックスアポはひとまず全て消化しました

後は来月以降のセックスアポ保留の案件が5件で、相当好感触の女の子が何人もいます

もちろんDMやラインで数日置きに軽く連絡をして、しっかりと反応があるので、5件全員フェードアウトということはないでしょう

そして、相変わらずツイッターでは続々反応があります

実はここ数日、仕事とプライベートの用事があって、タイミング的になかなか本格的に実践ができなかったのですが、全く実践をしていなくても、勝手に反応が起こっているのです

実践をすると即日に反応がある場合もありますが、数日間のタイムラグの後に反応がある場合が多いです

例えば、実践をして、たった数日しか待たないのに

「あれだけ全力で実践したのに、全然反応がない」

などと思って実践の手は止めてはいけないです

まだ具体的に目覚ましい結果は出ていませんが、最終的な現実化に向けて、間違いなく多くの兆しが起こっているのです

ここで諦めてしまってはダメです

そもそも、自宅にいながら、移動中の空き時間で、たった数十分だけ、スマホをポチポチとたっぷしているだけで、後はほったらかしで勝手に女の子から「セックスしたい」と逆ナンされて、アポが決まれば、会って即ホテルに行ってセックスし、うまくいけば固定のセフレ化、という、こんなにも素晴らしいノウハウが他にあるわけがありません

殆どの男性は、風俗やデブブスおばさんの割り切りで性欲を処理しているか、そうでない女を出会い系で狙っても、セックスはおろか、思うように出会いすらできずポイントを無駄にしたり

まずは初日はお茶だけにしておき、次回会った時ホテルに誘ってみる、などそういったまどろっこしいことをやっている男性が殆どで、これがごく普通の現状です

それに比べたら、ツイッターノウハウはあまりにも優れています

ツイッター実践で思うような結果が出ない時期には、その事実を忘れてはいけません

今日は時間があるので、再びツイッター実践再開です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする